パラゴトロン

新しい事務所は制作エリア、ラウンジ、会議室と3つのエリアに分かれています。
今までは大きな時計1つで事足りていたのですが、今度の事務所では扉を締めてしまうと違うエリアから時計が見れません。
みなさんスマホで時間を確認できる時代なのであまり問題は無いのかもしれませんが、壁掛け時計があるとインテリアのアクセントになりますよね。
もう1つ壁掛け時計を購入しようかどうしようか…となっていたところに内装会社ハックベリーのSさんから「内装にピッタリのパラゴトロンはどうですか?」とご提案いただきました。
確かにピッタリだし好みにもドンピシャだったので壁掛け時計はパラゴトロンに決めました!

パラゴトロン
会議室のスロバキアランプと同じく旧チェコスロバキア(現チェコ)製です。
年代によって様々な形やサイズがあるようで探すと色々なタイプが出てきて迷いましたが、50年代後半から60年代に作られたフレームが厚いタイプを購入してみました。

なんと厚みは95mmもあります!(横から見るとケーキみたいですw)
パラゴトロン

どうでしょうか。
かっこいいですよね?

12か月前

コメントは停止中です。