Toilet

30坪未満あたりの物件でお手洗いが廊下の先ではなく専有スペースの中にある場合、男女共用となっているケースって結構ありますよね?
あんどぷらすも今までの物件では男女共用でした。
リノベーション直後に入居したので綺麗でしたし広くて快適なお手洗いでしたが、スタッフ同士とはいえ男女が同じトイレを使うのは気を遣います。

お掃除はどうするの?とか。
あんどぷらすではトイレ共用はたぶん嫌がってなかった(と思う)のですが、どうしても掃除は女の子だけで担当になっていました。(エチケットボックス問題とかあるし…)
なので移転では男女別トイレが必須とも言える条件だったのです。

ーーー
労働安全衛生法の中では男性用と女性用を区別するよう定められてはいるのですが、実際物件が対応してなければ無理ですし、この法の中で男女共用トイレを禁止する条項も無いのでなかなか対応が難しいところのようです…

ーーー

そんなトイレ問題ですが、移転先ではもちろん解決しております。
共用部にありながらワンフロアで借りているのでほぼ専有です。

通常ワンフロア借りていても共用部は何も造作できないのが通常ですが、なんと!

#私 「トイレの扉塗ってもいい?」 (ダメ元)

#大家さん 「OK!」(えっいいの?)

 


鉄粉塗装しちゃいました(笑)
男女の区別は扉に同色の切り文字を貼っています。
あえて目立たせずさりげないサインを選びました。

ほぼ私達しか使わないのであればこれも聞いちゃおう!

#私 「トイレの便座をウォシュレットに変えてもいい?」

#大家さん 「いいよ。」(ヤッター)


お手頃なウォシュレット便座を2台購入。(便座の画像は自粛)
ウォシュレット機能はもちろん便座ヒーター機能が無いと冬場にひんやりした便座は嫌だからね。
OK貰って驚いたけどよく考えたら共用部の設備を私達が購入して新品に換えるのだから断る理由は無いのかも(笑)

 

最終的に本棚の背板で使った足場板が余ったので棚も付けてもらっちゃいました。

女子トイレは壁がピンクのタイルで男子トイレは白のタイルになっています。
扉を開けるとちょっとレトロで懐かしい雰囲気です。

1年前